ウェルネスダイニングは様々な食事制限に対応した宅配食があります

年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手にはたらかなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康的な心とからだを保ち、人生を謳歌できるよう努めることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。人は加齢と供に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。血糖値の上昇につながる原因の一つです。食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、そのことが悪化の原因となってしまいゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を減らすことが重要です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。要するに、糖質過多の食習慣はよくないと言う事です。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分のこしましょう」と、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、バランスのよい栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)を摂取することが大切になってきます。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には記載されています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を伴う可能性がありますから心がけが必要です。日々の献立つくりに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにして頂戴。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、前もって生活を変えるということは難しいことです。しかし、糖尿病の境界型になると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。例としては、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと大抵の患者さんは捉えます。ところが、糖尿病になったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある訳ではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを考えることが大切になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないと言う事です。体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温(平均体温が1℃上昇すると、免疫力が約60%も活性化するといわれており、風邪などで発熱するのも体の防衛反応の一環だと考えられているのです)・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)」と密接に関わっています。「体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」とは、「体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて調べる新しい研究分野です。毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、過度な食欲を回避できたりするからです。どんなに忙しくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、それらを含んだ海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)藻類・きのこ類はたくさん摂って頂戴。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂って頂戴。数多くの食品群には色々な栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)が含まれており、それらを適量摂取することが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、それぞれに多く含まれている栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)を持とにして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が記載してあります。沿うした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。続きはこちら>>>>>ウェルネスダイニング 口コミ

つるかめキッチンの宅配食事サービスは冷凍保存されワンパックになって納品されます

糖尿病患者が自宅で食事療法に取り組む際に病人食を用意する家族にも大きなストレスがかかることは否定できません。腎臓病を患う方向けのつるかめキッチンの宅配食事サービスは毎食、腎臓病患者の方に合わせたカロリーや栄養素などの数値を守りつつ美味しさ、食べやすさにもこだわり飽きないように日替わりの献立なので続けやすく値段も安いので家計にも優しく続けやすいこと、さらにはご家族の中で一人だけ食事制限を行う場合にも料理する人の負担を小さく出来ます。腎臓病患者の為の食事は高エネルギー・低たんぱくが求めれるため調理が難しく高度なレシピ作りと調理技術が必要です。必要なカロリーの摂取と低蛋白を同時に満たすように、一般的に弁当は揚げ物のおかずが多くなりがちですがつるかめキッチンの宅配食は揚げ物のおかずに偏らないように献立や調理法に特別なノウハウを持っています。他社に引けを取らない、慢性化した腎臓病の症状の進行をゆるやかにするために最適なたんぱくを制限した療法食をご用意いたしました。理想的な制限値は、1日当たりのエネルギー摂取量が1800Kcal、たんぱく質が40gです。 ご飯量は普通の大きさのお茶碗を基準にしており、食の細い方は更に摂取量が少なくなるのです。おかずのみでたんぱく質が10g以上あるとオーバーしてしまいます。 制限値を超えてたんぱく質を摂取するとクレアチニン値も高くなり、人工透析へ移行するリスクが高くなります。たんぱく質の摂取量を抑えすぎても、同じようにクレアチニン値が高くなり、人工透析に切り替えるリスクが増大します。食事制限が生易しいものではないと言われるのはこういう理由からです。食事の宅配を全国展開する通販ショップは食事制限のある方、忙しいご家族にとってはとても便利なサービスです。専門の管理栄養士による監修のもとに栄養バランスが整っていて、老若男女全ての方に食べやすく味の良い食事を配送いたします。カロリー制限や栄養バランスが不安な方でも自分の健康状態に合った食事を選択できるので家族全員、誰にも負担がかかることなく食事できます。冷凍状態で配達するため、作りたてのように新鮮な美味しさをいつでも堪能できます。腎臓病の人が食事管理で気に止めなくてはいけないことはたんぱく質・塩分・エネルギー・カリウム・リン・水分など沢山あります。専門的な知識を持たない人がこれらの栄養素を細かく計測しながら、調理をするのは不可能に近いでしょう。美味しさや栄養バランスを考えると毎日の食事作りに大変なストレスを伴います。しかし、管理栄養士によって監修された食事宅配サービスは食事制限中の方でも安心して美味しく食べられる食事を作ってくれるため、負担を感じることなく食環境の改善を行うことが可能です。脂肪肝の父と、足の悪い母のために会社がひけると私が夕飯を作りに行きましたが仕事をしているため作れないこともありました。職場の人に相談したところ教えてくれたのが食事を宅配するサービスで、私は即利用することにしました。食事を何よりも楽しみにしている父にとって私の手料理では物足りないだろうと申し訳なく思っていました。母の料理の手間も省けて楽になるため、最近は両親のために宅配サービスを利用しています。夕飯の買い物や調理にかかる時間を節約できたのがうれしいです。腎臓病のつるかめキッチンの宅配食の通販サービスは食事面を充実したものに変え、支えてくれるのがメリットです。毎食、低タンパクの料理を自分で作ったり家族に料理してもらうのは本人も家族も心身ともに大きな負担となります。今までより塩分を減らした料理は、味気なく感じるでしょう。食の楽しみは、味わうことができなくなってから気づくというのが食事制限に取り組んでいる方にとても多いです。腎臓病患者の体に合わせた低タンパクつるかめキッチンの宅配食は時代と共に変わる生活スタイルに合わせた利便性の良いサービスです。父が病院で管理栄養士から食事の指導を受けました。私が作った料理を毎日父へ届けようと努力しましたがやはり仕事があれば毎日という訳にはいきません。だから食事のつるかめキッチンの宅配食を頼むことにしました。病気や体質を考慮したメニューの選択ができるので父は減塩食にしました。「おかずが少ない」「お腹が減る」と、初めは文句ばかりの父でしたが頑張って間食を我慢したので、体調が良くなりました。栄養のバランスが取れているため食後の物足りなさも少し経つとおさまるようです。食事療法用つるかめキッチンの宅配食品等栄養指針に基いたつるかめキッチンの宅配食は専門の管理栄養士が献立を作成し、お客様に安心してお召し上がりいただける食事づくり、サービスを提供すべく努力しています。専門の料理人と病院給食のベテランである管理栄養士が監修したレシピのもと安全で高い品質の食材を用いて調理段階で食品添加物は使わずに加工食品も極力避けて、一品ずつたんぱく質などの栄養成分を調整した手作りのつるかめキッチンの宅配食です。腎臓病・糖尿病の予防や体重管理などに力を発揮して安全性も利便性も高い食事です。つるかめキッチンの宅配食事サービスは冷凍保存されワンパックになって納品されます。原材料や栄養表示が正確に表記されています「低たんぱくで減塩」と聞くと『相当に味つけが薄いのではないか?』『お腹が満たされないんじゃないか?』と不安でしたが、私には美味しくて薄味とは感じませんでした。たんぱく質であるお魚も、ちゃんと入っていのが嬉しいですよね。冷凍宅配弁当でも普通の弁当と全く同じ味付けで普段の弁当と比べ何ら遜色がなく美味しい事に驚きました。
購入はこちら⇒つるかめキッチン口コミ

食事療法は減塩と低タンパクが基本になります

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院で相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。濃縮加工した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物に比べて多量のカリウムが含まれています。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。天然の味をおいしく食べることができます。たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた「低たんぱく質食品」が市販されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全といわれる状態になります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経て徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎臓の機能回復が期待できます。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。このような食事療法については、栄養士の指示でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、なるべく現状を保つことも期待できます。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の希望に沿った最新の治療が期待できます。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューに関するアイデアや、それぞれにふさわしい食塩の減らし方などを教えます。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることでいつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず日常に支障をきたさないものもあるため、常日頃の健康管理が大事です。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、ただちに病院で診察を受けましょう。おすすめ⇒腎臓病 宅配 口コミ

腎臓病の宅配食はネットで選ぶのでランキングを見て選ぶ!

近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、たいへん重要なはたらきを私立ちの体の中で行っています。腎臓の治療は持ちろん病院にきて似つかわしい治療を受けることも先決ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大事です。 たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で確認できます。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですので、それらの種類にはどんな感じのものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行指せない事と、健康体のキープとされます。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法によって腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は必要不可欠です。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜ジュース(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)は、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や生の果物と違い大概はカリウム含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよく野菜ジュース(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)を飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ないましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、個々の食品や調理を行う際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、搾るようにすると、より多く除去できます。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方もたくさん見られます。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30~40gとなるのです。食事をして摂り入れ立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物は尿と供に体外へ出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に悪影響を出します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えば、ショートケーキひとつには卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。おすすめサイト⇒腎臓病 食事 宅配 ランキング

腎臓病の食事療法は非常に重要な治療法です

腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。この他、透析を要する状況となっても、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応の対処も必要ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で確認できます。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で具体的に応用した食事を作ることも可能です。仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く含まれています。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が含有されています。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。食事によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見受けます。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や果物と比べて多量のカリウムが含まれています。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理を行う際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。