腎臓病食はまごころケア食で食事制限もバッチリですよ!

浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分以外に水分の制限も付随してきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限が必要になるのは塩分のみです。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を元に医師が決定します。脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるので自分勝手な制限はしてはいけません。ご飯によって獲得したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病でもご飯療法が適切であれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を妨げる事も可能になるんです。非常に上手くいくと、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせる事が出来るのです。ご飯療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。ご飯療法と言うのは、患者が自主的に手掛けられる最善の治療方法です。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓内で分解された末他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉の量が低下すれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が多くなるために、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に限っては分解されても約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日換算で約30g~40gです。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱくの特殊食品があります。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が下がっていくに従い、現状以上に細かにご飯を徹底しないとなりません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手にご飯内容を決めずに、医師や栄養士の指導をうけて決めるようにして下さい。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行ないましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、使用する食品の種類や調理の際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座りつづけるようになるんです。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を発生指せる要因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く怖れがあります。故に的確なご飯療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病を極力進行指せない事と、現在の健康状態のキープです。透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法によって腎不全への進行を遅らせる事が出来、透析導入を遅らせる事が出来ます。また、透析導入後も、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は必要不可欠です。肉や魚その他卵や豆腐はおもったよりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になるんです。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれているわけです。PR:まごころケア食