ウェルネスダイニングは様々な食事制限に対応した宅配食があります

年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手にはたらかなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康的な心とからだを保ち、人生を謳歌できるよう努めることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。人は加齢と供に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。血糖値の上昇につながる原因の一つです。食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、そのことが悪化の原因となってしまいゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を減らすことが重要です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。要するに、糖質過多の食習慣はよくないと言う事です。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分のこしましょう」と、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、バランスのよい栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)を摂取することが大切になってきます。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には記載されています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を伴う可能性がありますから心がけが必要です。日々の献立つくりに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにして頂戴。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、前もって生活を変えるということは難しいことです。しかし、糖尿病の境界型になると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。例としては、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと大抵の患者さんは捉えます。ところが、糖尿病になったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある訳ではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを考えることが大切になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないと言う事です。体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温(平均体温が1℃上昇すると、免疫力が約60%も活性化するといわれており、風邪などで発熱するのも体の防衛反応の一環だと考えられているのです)・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)」と密接に関わっています。「体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」とは、「体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計(狂ってしまうと体調が悪くなり、上手く眠れなくなったりします)の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて調べる新しい研究分野です。毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、過度な食欲を回避できたりするからです。どんなに忙しくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、それらを含んだ海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)藻類・きのこ類はたくさん摂って頂戴。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂って頂戴。数多くの食品群には色々な栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)が含まれており、それらを適量摂取することが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、それぞれに多く含まれている栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)を持とにして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が記載してあります。沿うした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。続きはこちら>>>>>ウェルネスダイニング 口コミ